幼児教育の必要性

幼児教育の必要性

「言葉が通じない幼児への教育なんか意味がない」という考えは時代遅れの考え方になりつつあります。正しい幼児教育をすることで考える力がつき、将来的な学業の成否や性格形成にも大きく左右する、という研究報告が上がっています。
ここでは幼児教育の必要性と、それによって得られる3つの可能性について説明しています。

脳の80%は3歳までの教育によって形成される

脳の80%は3歳までの教育によって形成される

「3つ子の魂100まで」とはよく耳にすることわざですが、これは3歳までの教育によってその後の考え方や人格が左右される、というもの。
ことわざだからただの言い伝え、のように感じますがかなり的を射たことわざと言えるでしょう。

実際に様々な研究によって、脳の形成は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%作られることがわかっています。
また幼児期は1日に30万個のペースで細胞が増えると言われ、人生において最も成長する時期であるといわれ、大きくなってからの習い事のように、「練習した⇒上手くなった」という成長が見えにくいので軽く見られがちですが、 幼児期こそ適切な教育をしてあげるべきだと言えるでしょう。

幼児教育がもたらす3つの可能性

幼児教育がもたらす3つの可能性

感性が育つ

感性を育てる幼児教育、と聞くとおごそかなイメージを浮かべてしまいますが、なにも美術館に言って有名な絵画を見せたりオーケストラを聴かせたりしなくてもできることはあります。
大人の視点から見ると「そんなこと・・・」と思うような単純な動きや遊びも、幼児の脳にとっては新鮮で刺激的なんです。

たとえばいろんな色が使われている絵本、木や布、プラスチックなどいろんな素材のおもちゃ、そこらへんに落ちてる様々な形・色の石などなど。

そういった脳への刺激の積み重ねが感性を育てることに繋がり、将来的に音楽や美術、言葉などの表現力の向上や良好な人間関係の構築力など様々な場面でかかわってきます。

自信がつく

脳への刺激が増えることで自分で考え解決する力も養われます。そういった成功体験を積み重ねることが自信に繋がり、さらに可能性が広がるという正のスパイラルが生まれます。

ただし、適切な教育をしてあげないと自信過多でまわりから疎まれる存在になってしまう可能性もあります。
とくに「出る杭は打たれる」日本の社会では、せっかくの才能を潰されかねません。
自信を持たせつつ周囲にも気を配る、というバランスを維持しながら育てるには、幼児教室などプロの力を借りながら育てるのが間違いないことでしょう。

私立・国立の小学校を目指せる

幼児教育によって脳に刺激を与えることで、「地頭」を鍛えることに繋がります。
これは言われたことを覚えるようなただの記憶力とは違い、自ら問題点を見つけ解決するためにできることを考えられる力で、私立や国立の小学校受験における評価ポイントとして挙げられます。

この地頭は付け焼刃で得られるものではなく、適切な時期に正しく教育しなければ鍛えるのは難しいもの。
受験に特化した幼児教室もあるので、そういったところを検討しても良いでしょう。

まとめ

軽く見られがちな幼児教育の必要性とそれによって得られる3つの可能性についてまとめました。
当サイトの「 東京・横浜・千葉エリアでおすすめの幼児教室10校を徹底比較」でオススメの幼児教室をまとめているので、近くにお住まいの方はぜひ参考にしてください。