幼児教室の効果とは?本当に意味あるの?

幼児教室の効果とは?本当に意味あるの?

幼児教室の効果を疑問視する声も多く、本当に意味があるのか疑問に思う方もいるでしょう。しかし、わたしは「意味がある」と思っています。それも子どもだけでなく、母親にとっても大きなメリットになると思います。ここでは幼児教室の効果と意味についてまとめています。

幼児教室は子どもの「脳を育てる」プロ

幼児教室は子どもの「脳を育てる」プロ

幼児教育の必要性」については、←のリンク先のページで詳しく説明していますが、それでもお金をかけて通わせるなんて・・・と思う方もいるでしょう。

たしかに、小学校以降の「覚える・学ぶ」という観点では、言葉が通じない幼児教室では効果があるの?と感じるかもしれません。
しかし、幼児教室は 「脳を育てる」ことに特化した教育のプロです。「覚える・学ぶ」ことが目的ではなく、脳を刺激することで思考の素地(下地)を鍛え、「優れた脳に育てること」が目的です。
それはつまり、将来的に「覚える・学ぶ」をスムーズに行えることにもつながります。

子どものお母さんやお父さんでも、算数や国語など「覚える・学ぶ」ことを教えることはできると思います。それは習ってきた記憶があるから。
しかし、「 脳を育てられた」経験がある方は少なく、たとえあったとしても幼児期の内容を覚えてる方はいないでしょう。

そういった意味でも、「脳を育てるプロ」である幼児教室を活用すべきなのです。

子どもだけでなく親にとっても効果的

子どもだけでなく親にとっても効果的

幼児教室というと、子どものためだけだと思うかもしれません。
しかし、 お母さんにとっても3つの役に立つことがあるんです。

まず、「不安や疑問を相談できる」こと。
子どもの育て方に正解は無く、だからこそ「この方法で本当に良いの?」と不安になる場面も多くあるでしょう。
そういった不安や疑問を相談できるのも幼児教室の大きなメリットのひとつです。

また、「家での接し方を学べる」こと。

幼児教室はたいてい週に1回40~60分なので、教室での内容以上に家での接し方が重要になります。
幼児教室では、教育本やネットに書かれている一般論ではなく、子どもを直接見て触れ合ったプロの教育者が、 その子に合わせたアドバイスをくれるので、子育てに関して余計な不安や心配に悩まされる心理的な負担がグッと減ります

最後に、「同じ価値観を持ったママ友ができる」ということ。
子育ては孤独になりがちで、悩みや不安をひとりで抱え込みがち。幼児教室に通わせるような同じ価値観を持ったママ友ができることで、励ましあったり相談し合えたりできるでしょう。
またプライベートでも会う機会を作れば、子どもにとっても友達ができることになります。

大変な幼児期の子育ての時間を共有できるママ友は、今後の子育てでもきっと良い相談相手になることでしょう。

幼児教室の"親にとっての"メリットまとめ
  • 不安や疑問を相談できる
  • 家での接し方を学べる
  • 同じ価値観を持ったママ友ができる

こちらもオススメ幼児教室を選ぶポイント