幼児教育は一人で悩まず相談を!

幼児教育は一人で悩まず相談を!

ただでさえ孤独な子育てや幼児教育は、不安やストレス、不満など負の感情を溜め込みがち。
できれば旦那さんに相談すべきですが、夜遅くまで仕事してると相談しにくいもの。
また相談できる人や場所は1箇所だけでなくいくつか選択肢として用意しておくことで心の負担軽減にもつながります。

ここでは子育てや幼児教育について相談できる場所について説明しています。

ママ友に相談

ママ友に相談

一番手っ取り早いのは、ママ友に相談することでしょう。子育ての大変さをわかってくれるママ友ならあなたのつらさに共感してくれます。

ただし、子育てならまだしも、幼児教育に理解がある人はまだそこまで多くないでしょう。ズケズケ言い合えるような関係なら、あなたの教育観を否定されてしまうかもしれません。
ママ友に相談するときはその人が相談しても大丈夫な人かどうかを振り返って見ましょう。

※同じ幼児教室に通っているなら、教育観でも共感できることが多いはず。そういうときのためにも、幼児教室に通っているならできるだけ同じ教室内でママ友は作っておいたほうがいいかもしれません。

ママ向けアプリやネットで相談

ママ向けアプリやネットで相談

いまどきのママなら、アプリやネットで相談している方も少なくないでしょう。
オススメのアプリは「ママリ」妊娠中や子育てママのためのQ&Aコミュニティアプリ。女性限定のアプリなので男性からの見当違いな回答の心配もなく、安心して相談できますよ。

また手軽さで言えばYahoo!知恵袋や教えてgooなどを利用する人も多いでしょう。

ママリ アプリダウンロード

ただし、匿名で相談できるということは、ママ友以上に辛辣(かつ無責任)な回答が来る可能性もあります。 あなたにとって悩みや不安を増幅させることにもつながりかねないので、他の質問や回答を確認したうえで優しく回答してくれるかどうかを確認してから相談するようにしましょう。

間違いないのはプロに相談すること

間違いないのはプロに相談すること

ママ友に相談するのもアプリやネットで相談するのも手軽でグチをはきたいだけなら良いと思います。ただ、解決したい問題がある場合には、不十分です。
なぜなら、回答者は素人、もしくはあなたの子どもや状況を知らない人たちだからです。

当サイトでは、幼児教室に通うメリットや優れた点についてまとめていますが、プロに相談できる点も非常に大きなメリットの一つだといえるでしょう。

月々数千円で、週1回の幼児教育が受けられて、さらにプロによる適切なアドバイスが得られて子育ての不安や悩みが解決できる。そう考えると、もはや幼児教室の月謝は子育てにおける必要経費とすら言えるでしょう。

多くの幼児教室で無料相談や無料体験教室も開催されているので、通うつもりがなくてもまずは参加して相談してみてください。解決の糸口に繋がる回答が得られるかもしれませんよ。